ためになる本紹介 父親書房

ダメパパおおたが実際に読みあさった育児関連本百冊以上の中から、おすすめの本だけをピックアップして紹介します。
しつけ、夫婦関係、心理学など、ジャンルごとにソートできます。

ママの気持ち

母の作法 親として、女としてのふるまい

辰巳渚

『「捨てる!」技術』の著者が子育て中の母向けに書いた本。ママ向けに書かれているので、パパには直接関係ないのですが、ママの意識を知る上では非常に参考になります。そして、「そうそう、こうしてくれるとうれしいのに」と日ごろ思っていてもいえないことが書かれていたりすると、この本をわざとダイニングテーブルに置き忘れてみたりしたくなります(笑)。

続きを読む…

このページのトップへ

'ゆるむ'育児のススメ

大葉ナナコ

現代ママたちを取り囲む育児事情をわかりやすく解説。育児書に一般的に書かれていることと実際の育児が違っているときにパニックにならないように'ゆるむ'方法が提案されています。ママたち向けに書かれていますが、ママたちの気持ちがきめ細かく代弁され、パパが読んでもためになります。ママが大変そうなときに、その状況を理解し、適切な対応を考えるうえで、とても参考になると思います。

続きを読む…

このページのトップへ

2DK育児の孤独 泣きたいのはママのほう...

たかやなぎさ他

ママが育児ノイローゼに陥る状況をノンフィクションのマンガで描いた作品。都会でひとりぼっちでの子育てがいかに過酷かを理解することができます。そして、そんな大変なママたちを支えるパパたちだって大変なんだということを改めて感じることができます。

続きを読む…

このページのトップへ

子どもを愛せなくなる母親の心がわかる本

大日向雅美

ママたちが抱える育児ストレスのしくみをイラストや図表を使用してわかりやすく分析しています。パパの視点からは見えにくい、現代育児の闇についても気付くことができるでしょう。「なんでうちのママは...」とママを非難する気持ちがあるパパにおすすめです。「じゃ、パパとしてどうすればいいの?」という部分は自分で考えましょう。

続きを読む…

このページのトップへ

ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧

金盛浦子

どちらかというと女性視点で書かれています。「こんな夫と一緒にいるのはもういや」という妻の心理が理解できるのですが、その女性側に「ちょっと考え方を変えてみては?」と提案する内容なので、男性にとっては都合のよすぎる話ばかりで、正直うれしくなってしまいます。と、それで喜んでいてはいけません!妻の立場で書かれていますが、それを夫の立場に置き換えて自分のこととして読んでこそ、パパにとってのこの本の価値があります。また、奥さんがすでにしてくれている努力に気付くきっかけになるかもしれません。

続きを読む…

このページのトップへ
  • 前へ
  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3