ためになる本紹介 父親書房

ダメパパおおたが実際に読みあさった育児関連本百冊以上の中から、おすすめの本だけをピックアップして紹介します。
しつけ、夫婦関係、心理学など、ジャンルごとにソートできます。

なぜ、母親は息子を「ダメ男」にしてしまうのか

岩月謙司

ドメスティック・マインド・コントロール(家庭内洗脳)という著者が発案したキーワードをもとに、「自己受容できず、かつ、自分の不幸を認めない母親」によって、その子ども、特に男の子が母親をしあわせにするように洗脳されていくメカニズムを説明しています。いわゆる大人から見た「いい子」がどうして危険なのかがわかります。

◎グッときたひと言・・・「母親は、人間という地位を超えて「神」という位置づけに格上げされていきます」。昔なら、じいちゃんばあちゃんや親戚など「外野」のちゃちゃがあったので、母親も絶対的な存在にはなれなかったでしょう。しかし、現代の密室育児ではそれが可能です。せめて父親だけでもそばにいれば、母親が暴君に化すことを防げると思うのですが...。
このページのトップへ