• Home
  • パパのヒント&トピックス

パパのヒント&トピックス

2011年05月06日アンジー&ブラピ夫妻の子育て費用は年間約8億円!?

★ニュース&トピックス★


アンジー&ブラピ夫妻の6人の子どもにかかる費用は年間約8億円であるとアメリカのInTouch誌が伝えています。
夫婦そろって世界中をまたにかけ仕事しながら、子どもを少しも犠牲にしたくないという表れなんでしょう。
「一般的な市民感覚」で言えば高いのかもしれないけど、彼らがいくら稼いでいるのかは知りませんが、「年収に対する割合」でいえば案外普通なのかもしれないし。
日本人が子どもにかけるお金の額だって、世界的に見れば異常なほど高いのだと思います。
ま、桁違いなセレブはどこにでもいるわけで。

このページのトップへ

2011年05月02日twitterカウンター付きボタン追加

★ニュース&トピックス★


当サイトのトップページ下にツイッターのカウンターつきボタンを追加しました。
これを押すと、みなさんのツイッターで簡単にパパの悩み相談横丁へのリンクがツイートされます。
パパの悩み相談横丁を気に入ってくださった方はぜひお友達にツイートしてください。
よろしくお願いします。

フェイスブックのアカウントのある方は、フェイスブックページのLike!ボタンもよろしくお願いします。

このページのトップへ

2011年05月02日母親のストレスで胎児が太りやすくなる!?

★パパのヒント★

妊娠中の母親にストレスがあると、遺伝子が変化し、胎児は肥満になりやすいということを示す可能性があるデータが示されました。
妊娠中の妻のストレス解消も新米パパの重要な役割ですね。

このページのトップへ

2011年05月02日妊娠中の飲酒は早産のリスクを3倍にする

★パパのヒント★

妊娠中の飲酒が良くないのはみなさんもよーく分かっていると思いますが、そのリスクを具体的に示すデータが改めて示されました。


このページのトップへ

2011年04月27日やっぱりうちのパパがいちばん!

★ニュース&トピックス★


面白いインターネット調査の結果が発表されました。
「うちのパパと交換してもいいかなと思うパパタレント」

3位 山口智充(TOKIO)
2位 つるの剛士
そして1位は・・・


世の中的には「やっぱりうちのパパが一番」ということらしいのですが、うちのママならどう答えるか、心配ですね。

このページのトップへ

2011年04月24日震災「子どもの学び支援ポータルサイト」オープン

★ニュース&トピックス★


文部科学省は東日本大震災被災者のための、子どもの学び支援ポータルサイトを立ち上げました。
支援の要請と提案がこのサイト上で登録でき、一覧表示を見ることにより、マッチングができます。
被災者からの要請を見ると、教育関係者だけでなく、一般の方でも出来る支援がありそうです。

http://manabishien.mext.go.jp/

このページのトップへ

2011年04月18日震災後の子どもの心のケアアイディア「コラージュ」

★パパのヒント★


先日は大人自身の「心の疲れ」に気付きましょうという記事を書きました。
今回は子どもの「心の疲れ」をどう取り除いてあげるかについて書こうと思います。

大人は感情を言葉にすることによって心の中を整理することができます。
話を聞いてもらうことで気持ちが落ち着きます。
しかし、言葉が未発達な子どもは自分の感情をうまく言葉にすることができません。
心の中にあるもやもやを吐き出すことができないのです。

普通、子どもは遊びやいたずらの中で自己表現し、心の中の異物を吐き出しています。
心がギスギスしているときには乱暴な遊びをしたり、むやみにケンカをしてしまったりするのはそのためです。
思いっきり遊ばせてあげて、少々のいたずらにも目をつむってあげるといいでしょう。
しかし、思いっきり野山を駆け回ったり、おもいっきりいたずらしたりできる環境にいる子どもは少ないでしょう。

そんなときは絵を描くことでも自己表現は可能です。
でも、絵も思い通りに描けないとなると、それはそれでストレスかな・・・。

5434737946_7b6b670160_m.jpg
そこでおすすめしたいのがコラージュです。
心理カウンセリングなどの一貫として行う両方の一つに「コラージュ療法」というのがあります。
私はコラージュ療法の専門家ではないのですが、思いのママに雑誌や色紙を切り張りし、自分の感情を表現します。
言葉を介さないので、より無意識にアプローチしやすいとされます。
療法ではそれをみて深層心理的なものを読み解いたりしますが、子どものストレス発散にはそこまで必要ないでしょう。
ただ、好きなように紙をちぎりまくり、のりでベタベタ貼っていって、思いのままのコラージュを完成させれば、それだって立派な作品、自己表現です。
言葉が未発達でも、絵が下手でもできますよね。
完全に好きなようにやらせてあげてください。
「もっとこうしたほうがきれいよ」とかいう指図はNGです。
もちろん興味を示さないようなら無理にやらせてもいいことはありません。


もし、お子さんがストレスを抱えていそうだなと感じたら、適当な雑誌やカタログをもってきて、「好きに破いていいよ!それをこの紙にノリで好きなように貼り付けて作品を作ろう!」と誘ってみましょう。


コラージュをするだけでどれだけストレス軽減の効果があるかは正直分かりませんが、自分の心の中を少しでも表現することで心の中の異物がはき出せるかもしれないと思うのです。
仮になんの効果もないとしても、単純に遊びとして楽しいですし、ほとんどお金も技術も知識も不要ですから、ダメモトで試す価値はあるでしょう。
もし、専門家の方がいて「それは一理ある!」というのであれば、ぜひコメントください。

[photo by jonny goldstein]

このページのトップへ
  • 前へ