• Home
  • パパのヒント&トピックス

パパのヒント&トピックス

2010年10月22日ムダ叱りを減らそう!Vol.3 解決思考

★パパのヒント★



考えてみてください。
たとえば、水泳のクロールができないとします。
見よう見まねでやってみます。でも、手も足もばらばらです。
そこでコーチから「手も足もばらばら」といくら言われても、怒鳴られても本人の力で改善することは難しいですよね。
正しい方法を知らないのに、ダメなものをいくらダメと言われても良くはならないのです


1400044876_4a6e2f2a55_m.jpg
子どもにしつけをするときも同じです。
親はついついできていないところばかりに目を向けてしまいます。
しかし、できているところを教えてあげた上で、できていないところをできるようにする正しい方法を教えてあげるべきなのです。
正しい方法を教える際に、叱ったり怒鳴ったりする必要はありませんね。
いかにわかりやすく説明できるかがポイントです。
子どもの理解力もさることながら、親の表現力こそが重要でしょう

「どうしてダメなのか」を論じるよりも「どうすれば良くなるのか」を考えることを「解決思考」といいます。
子育てにおいて、壁にぶち当たると、「どうしてダメなのか」ばかりを考えてしまう人が大勢います。
しかし、「どうすれば良くなるのか」と「解決思考」に切り替えることが課題解消への近道であることは多くあります。

夫婦関係でも同じです。
「どうしてあの人は○○なんだろう」とネガティブな思考をめぐらせるよりも、「どうしたらあの人が□□になるだろうか」とポジティブシンキングするほうが良いのです

(photo by edenpictures

このページのトップへ

2010年10月09日『散歩の達人』ムック『ママさんぽ』で連載開始

★ニュース&トピックス★


交通新聞社から『散歩の達人』のムック『ママさんぽ』vol. 2(10月9日発売)が発売中です。
今号から「パパでばん」という連載を担当することになりました。
ママがお散歩している間、パパがお留守番するという設定で、パパのためになる情報や、ママにわかってほしいパパの気持ちを紹介します。

『ママさんぽ』vol.2(年3回、2月、6月、10月発売)

mamasanpo1010_up.jpg

このページのトップへ

2010年10月07日ムダ叱りを減らそう!Vol.2 気持ちを受け取る

★パパのヒント★


「何度言ったらわかるの!」って、怒鳴っているそこのあなた!
何度やっても効果のないことを続けるのはやめましょう。
ほかにもっといい方法があるはずです。
というわけで、犬の「ムダ吠え」ならぬ、親の「ムダ叱り」を減らすためのノウハウをシリーズでご紹介。
今回はその第2弾。
(第1弾から1ヶ月半以上お待たせしてしまい申し訳ございません)


子どもが言うことを聞かないとき、わがままを言うとき、親が「言うことを聞きなさい」と圧力をかけると、子どもはその圧力に屈するか、さらに反発して自分の欲求を通そうとするかのどちらかになります。
つまり、親と子の間で「勝ち負け」の構図ができてしまうのです。
お互いに相手に勝とうという意識が強くなれば強くなるほど、そもそも何が問題だったのか、本質が見えなくなってしまいます。
相手にダメージを与えることが目的となってしまい、建設的な議論などまるで無理になってしまいます。

そうならないように身に付けておくといいのが「子どもの気持ちを受け取る」技術です。
子どものわがままを叶えてあげることではありません。
わがままを言いたくなる気持ちを受け取るのです。

3766009204_8721a00dde_m.jpg
たとえばスーパーであるお菓子が欲しいといってだだをこねたとします。
そこでただ「ダメ」というのではなく、「そうか、このお菓子が欲しいのか」とオウム返しすることで子どもの気持ちを理解していることを伝えます。
それだけでも子どものかんしゃくは少し収まるでしょう。
「おやつのお菓子はさっき買ったばかりなのに、なんでまたこれまでほしいのかな?」などと、状況を客観的に捉えるような質問をしてみてもいいかもしれません。
たとえば「このまえ、お友達の○○ちゃんが食べていておいしそうだったから」などという理由が返ってきたとしましょう。
そうしたらまた、「なるほど、○○ちゃんが美味しそうに食べていたから、いつか食べてみたいなって気持ちがあったんだね」とまた気持ちを受け取っていることを伝えます。
そんなやりとりを繰り返し、怒った顔や泣いた顔が穏やかになってきたら「パパは自分のことを理解してくれている」と安心し、心を開いてくれた証拠
「それは食べたくなるのもしょうがないね。じゃ、今度絶対に買おう。パパも一緒に食べようかな。でも、今日はさっきおやつを買ってしまったばかりでしょ。また買うのはおかしいよね。じゃ、どうすればいいかな?」と本人に解決策を考えさせます。ひとつではなく、できるだけ多くの可能性をあげさせたほうがいいでしょう。
そして、それらを一つずつ、評価します
「この方法だと、こんな問題もあるよね」
「こっちの方法だと、こんな問題はあるけど、こういう部分ではいいよね」など。
そして、子どもにどの方法を採用するか選ばせます
これぞ急がば回れ。きっといきなり「ダメ!」と否定する方法よりも短時間で、親子ともども納得したいい気分になれると思います。
嘘だと思うかもしれません。
でも、だまされたと思って一度やってみてください。

3454642068_427cc908c8_m.jpg
実は大人でも一緒です。
たとえばほしい服があるとします。
「買っていい?」とママに相談したとき、第1リアクションで「なにいってるの?この前も買ってたじゃない」などと非難をされると、納得するどころか反発心が増しますよね。
「君だってこの間あれ買ってたじゃないか」なんて別のことを持ち出して足の引っ張り合いを始めたところで、服を買うという欲求を認めてもらう可能性はますます0%に近づくでしょう。
でも「あぁ、この服を着たらきっとにあうんだろうね。でもこの前も買ったばかりだったよね」と言ってもらえると「そ、そうだよね」と思えるものです。
欲求そのものは満たされなくても、気持ちは満たされるのです。

納得して、自分で決めたことはスムーズにできますよね。
そして徐々に同じような状況で同じような判断ができるようになるものです。
これが本当の動機付け
好ましい行動を身に付けていく方法のひとつです

photo by mdanysphoto by qwrrty

このページのトップへ

2010年10月07日イケメン雑誌「Men's Lee」でイクメン特集

★ニュース&トピックス★

集英社の人気女性誌「LEE」の男性版「Men's Lee」が本日発売になりました。
イケメンたちがたくさん出ていて、そういうおしゃれな男性たちが読む雑誌なのですが、その中でイクメン特集があります。
私もイクメン代表として写真付きで「イクメンNEWS2010」というページを書かせていただきました。
書店にてお買い求めください!


img01.jpg

このページのトップへ

2010年10月06日西武百貨店ベビー&キッズサイトオープン

★ニュース&トピックス★

西武百貨店では「ベビー&キッズフェスティバル」を開催中。
「育児を楽しむ育MENパパ集まれ!」と題して横浜店と池袋店で、それぞれ10/12-25、10/6-22でベビーカー特設会場が登場。
10/10 池袋店 パパとキッズの撮影会
10/24 横浜店 パパとキッズのファッションショー&撮影会
など、イクメン雑誌「FQ JAPAN」とのコラボイベントもあります。

専用サイトもオープン。
おおたは先輩パパとしてひとことアドバイスを書いています!

このページのトップへ

2010年10月05日「チビタス」リニューアル。ハロウィン特集書いてます

★ニュース&トピックス★


ポータルサイトオールアバウトの育児サイト「チビタス」が10月1日にリニューアルしました。

今年のハロウィンはちょうど日曜日にあたるということで、「パパがプロデュースするはちゃめちゃハロウィン」という特集を担当しています。
ぜひご覧ください。

このページのトップへ

2010年10月03日うちは平均的?「イマドキ家族研究所」オープン

★ニュース&トピックス★


なんと1万人の家族への調査結果をまとめたサイトがオープン。
これだけの規模の調査はなかなかありません。
イマドキの家族がどんな様子なのか、隣のおうちの様子が気になる方はチェック!
当サイトのリンク集にも追加しました。

このページのトップへ
  • 前へ