• Home
  • パパのヒント&トピックス

パパのヒント&トピックス

2010年06月18日6/18発売「ducare」の中高一貫校特集書いてます

★お知らせ★

6/18発売の「ducare(デュケレ)」(日経新聞出版社)の「中高一貫校徹底研究」の第1部、第2部の執筆を担当しました。
ご覧ください!

181113.jpg

このページのトップへ

2010年06月18日パパブログ大集合!パパスイッチフレンズ

★ニュース&トピックス★


おおたも連載しているニフティのパパ向けインターネットメディア「パパスイッチ」に、
一般のパパたちのブログが大集合した「パパスイッチフレンズ」というコーナーが立ち上がりました。
隣のパパの育児が気になる人が記事を読めるのはもちろん、自分のブログをより多くの人に読んでもらいたい人はブログ登録を申請することでパパスイッチフレンズのメンバーになれます。

詳細はこちらから↓

このページのトップへ

2010年06月18日「実は娘はパパが好き!?」調査結果

★ニュース&トピックス★


ちょっと前のことになりますが、6月4日の夕刊フジにこんな記事がありました。
「父親自身が思うより、娘は父親のことを好きである」という調査結果です。
FDC日本ファーザーズ・デイ委員会(http://www.fdc.gr.jp/)がインターネットを通じて行った調査結果ということです。

いくつかの数字を挙げてみます。
・父親のことを愛している(父親自身の予測49.7% 娘77.1%)
・父親のことを尊敬している(父親自身の予測48.3% 娘73.6%)
・父親のことを好き(父親自身の予測57.5% 娘72.0%)
・父親は頼りになる(父親自身の予測56.8% 娘66.1%)
・父親はカッコイイ(父親自身の予測17.3% 娘50.0%)
などです。
うれしいギャップですね。
世の中のお父さんたちはもっと自信をもっていいんだと思います。

もうすぐ父の日。
ちなみに、父親が欲しい物1位はお酒(41.5%)。
お酒の中でもウイスキーが1位だそうです。

[photo by: RLHyde ]
4536078145_9ce399686d_m.jpg



 

このページのトップへ

2010年06月12日会員制サイトでイクメン育児コラム連載中!

★お知らせ★

ご報告が遅くなりましたが、4月から「福利厚生倶楽部」という会員制サイトの育児コラム「忙しくてもイクメンに!」を月刊で担当しています。
会員制ということで見られる人が限られてしまうと思い、ご報告していなかったのですが、「見たよ!」とおっしゃってくださる方が結構いるので、一応広報します。

「福利厚生倶楽部」は企業の福利厚生を請け負うリラックスコミュニケーションズという会社が運営する会員向けサイト。下記、URLからログインIDとPWが必要です。
その後左側のメニューから「出産・育児」を選択すると、また左側のメニューに僕の写真付きのバナーが貼られていますので、そこをクリックしてください。

リラックスコミュニケーションズの福利厚生サービスを導入している会社の方々しか見ることができません。(それ以外の方々、申し訳ございません)

このページのトップへ

2010年06月01日「FQ JAPAN」自然派イクメン宣言書いてます

★お知らせ★


6/1発売の「FQ JAPAN」の第1特集
「自然派イクメン宣言 ネイチャー体験で家族の幸せ力UP」
をおおた書いてます。

夏の行楽シーズンに向けて、海水浴、キャンプなど、小さな子どもがいると諦めがちなアウトドアレジャーをどうすれば気楽に実現できるのかを、コロンブスの卵的な発想で紹介しています。
お近くの書店、トイザらス、ベビザらスにてお求めください!

FQ JAPANのサイトでもチラ見できます。

vol15_01.JPG.jpeg


このページのトップへ

2010年05月22日身近な自然を育児にいかす

★パパのヒント★


いろいろな方法で子どもの脳を刺激する教育が話題になっていますが、子どもの脳を刺激したいなら、自然の中に連れて行くのが一番ではないかと思います。
木のぬくもり、土の匂い、川面のきらめき、小鳥のさえずり...。
五感を刺激するものがいっぱいです。
人工的なお部屋の中で大人があれこれするよりも、よっぽど多くのものを子どもは受け取っているに違いありません。
その証拠に、自然の中に子どもを連れて行けば、へとへとになるまではしゃぎ回るでしょう。
自然が自分を育ててくれることを、子どもは本能的に知っているのです。

自然の中に行くといっても、なにも世界遺産のジャングルまで行く必要はありません。
近くにある公園で十分です。
世界遺産の森のブナの木も、公園のブナの木も近くに行って、よく見て、触れてみれば、同じです。
天然記念物のチョウチョも、モンシロチョウも子どもにとってみれば同じチョウチョです。
ダンゴムシだってバッタだって虫眼鏡でよく見てみればまるでモンスターです。

2495365486_c29e444c93_m.jpg

街角の小さな公園の植木の下にもハサミムシやミミズがいます。
小さな公園に咲いている花の名前をどれだけいえるでしょうか。
飛んでくる虫の名前をどれだけ知っているでしょうか。
知ってるつもりの身近な公園だって、不思議で溢れているのです。

世界遺産のような大自然を「訪問」することもいいですが、身近にある小さな自然に気付く感性こそ、大事にしたいものではないでしょうか。
そのような感性を持ち合わせる人は、きっと身近にある小さなしあわせにも敏感な人です。
身の回りに当たり前のようにある、小さなしあわせに気付ける人はいつでもしあわせです。
子どもにはそんな人に育ってほしいと思います。


このページのトップへ

2010年05月22日6/20お台場で父の日イベント開催!

★お知らせ★


6月20日は父の日。
ニフティさんとダッドウェイさんのコラボ企画のイベントにおおたもコメンテータとして参加します!
プレゼントがもらえたり、FQ JAPANのプロカメラマンに撮影してもらえたりする特典もあります。

参加応募はこちらから↓

このページのトップへ
  • 前へ